設備情報

成型機

恩良工場の生産方式は二種類に分けています。一つは圧縮成型で、生産設備は80トンから1500トンまであります。もう一つはトランスファー成型で、生産設備は60トンから400トンまであります。後加工の部分、自動バリ取り機、超音波洗浄設備など持っています。産能に関し、お客様の多様なニーズに応え、絶対満足できると思います。



検査設備

恩良は複合材料メーカーでお客様のニーズを満足するために、新しい材料の開発、新産品認証と原材料納入検査、工程検査、出荷前検査を精密な設備でチェックできます。新材料と新産品の開発過程に物理特性、機械特性、電気特性、内部の穴と寸法を確かめ、お客様のスペックを満たします。


物理特性検査設備:

流動性、比重設備、吸水率、収縮率、熱硬化、耐燃性、熱変形設備等。

機械特性検査設備:

1トン、5トンと50トン強度試験機。強度やサイズによって曲げ強度、引張強度、圧縮強度とねじり強度などを検査できます。

電気特性検査設備:

乾式耐アーク、湿式耐アーク設備は製品表面に放電試験を行う設備です。100kV耐電圧設備は電気絶縁強度を測定するもので、300kV衝撃波設備は雷撃模擬試験を行うもので、50kV部分放電は製品内部に穴や異物有無をチェックする設備です。

内部穴検査設備:

X-RAY非破壊性検査設備にて製品内部に穴あるかを検査できます。

寸法測定設備:

三次元測定機は複雑な寸法を測る時に適切です。例えば、角度、同軸度、平行度と平面度等

インサート材質認識設備:

手持ち式X-Ray蛍光分析機は金属件(鉄、真鍮やステンレス)の材質を認識できます。

他にもULVACヘリウムガス漏れ検出設備を持っています。GIS絶縁部品とインサートとの漏れ検査に使用されています。

上記全ての設備は定期的にメンテナンスと校正をやっています。信頼度の高い試験レポートを提供することができます。